最近やっと気づいたけれどお片付けが好きなのです

今更ですけれど。

断捨離の勢い、すごいですよね。
お片付け、整理整頓ブームですよね。
関連本もたくさん出版されて、この分野が大好きな私はウハウハです。
本屋に通って毎週立ち読みしています(買わんかい)

思い返せば、子どものときから「片付いた部屋」が大好きでした。
おやつと片付いた部屋、どっちを取るかと聞かれたら
迷わず片付いた部屋を選択するくらいの子どもでした。

学校に行くとき、「行ってきます」の代わりに言っていたのは、
「家を広くしておいてね。」
ここでの「広く」は片づけておいてね、という意味です。

「おうち、きれいになっているかな」とワクワクしながら帰宅して、
期待どおりの片付いたおうちだったときは狂喜乱舞です。
このパターン、本当にごく稀でしたが。

大体は散らかったパターン。
このときは悲しくて本気で泣いていました。
泣くくらいなら自分で片づけろよと、当時の私に突っ込みたいところですが。

小学校高学年になったころには、机の上のモノ、引き出しの中身を全部出して
雑巾がけをするお祭りが頻繁に催されました。
きれいになった机を見て、「あぁきれい」とうっとり。
そんな青春時代を過ごしました。

社会人になってからはさすがに部屋が汚くて泣くことはなくなりましたが、
週末はどんなに忙しくても掃除機はかける、モノを元に戻すなどはしていました。

平日はいくら散らかっていても気にならないのですが、週末になると散らかっているものが
目についてしょうがない。
部屋が散らかりっぱなしだと、自分の心も整理されずに散らかっているように感じてしまい、
放置しておくことができなかったのです。

そんなとき、断捨離ブーム、お片付けブームで関連本を読み、気づいたんです。
目からうろこが落ちたようでした。私が無意識にやっていたことが具体的な文章
になっている、そうかこういうことなのかと。
私は片付けや掃除が好きなんだと。

さらに最近はやりのミニマリスト。
少ないもので暮らしている人がいることを知って、自分も少しモノを捨ててみたら心が軽くなって小躍りしたり。
ガラーンとなった部屋を見て、「ステキ・・・」と惚れ惚れしたり。
地味な大人の遊びを楽しんでおります。

今は子どものモノが増えてちょっとイライラしている部分もあるのですが、
それらを整理してまた部屋が広くなったらと考えると、ニヤつきます。

ゴールは難しいだろうけれど、そこに向かって一生こつこつ片付けをするのかなと
思うとそれはそれで楽しいと思っている今日この頃なのです。

すごく有名だけれどやっぱり、ブームの先駆けとなった
ゆるりまいさんの本はおもしろいですね。

わたしのウチには、なんにもない。 [ ゆるりまい ]




にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

ブログ用の写真撮ってから投稿したいと思っていたら、ひと月経ってしまった。

ただいま、我が家に燃えないゴミの日待ちで大きなゴミ袋が大気中。
中身は何かと申しますと・・・ハンガーです!

当初はクリーニング店からもらったカラー針金やプラスティックハンガーを使用していましたが、
色や素材が微妙に違うので統一しようとIKEAの木製ハンガーで揃えました。
しかし予想以上にハンガーに厚みがあり、クローゼットに洋服がかけきれない。
そこでスーツなど肩の作りがしっかりしているもの以外は無印良品のアルミハンガーに移行。

変えるたびにもう使わないハンガーを処分してきたつもりではあったのですが、
IKEAの木製ハンガーは一気に処分できず、少しだけ屋根裏収納に保管していました。

そう、少しだけ・・・。

先週久々に屋根裏収納に入ったところ私の中でその「少しだけ」だったはずの
ハンガーが異様な存在感だったので、数えてみたら60本近くありました。

少しじゃないじゃんか!!!

他にスカート用、ズボン用ハンガーもあります。
さすがにこんなにいらないだろうということで、
洋服ハンガー20本
ズボンハンガー10本
スカートハンガー3本
以上を残してあとはガッツリ処分することにしました。
正直もう少し減らしたいところはあるのですが、
また一気に減らすと家族に「全部捨てちゃうんだね」と皮肉られそうなので多めにとっておきます。
これでも2/3以上は処分することになったので良しとしよう。

しかし・・・以前はこのハンガー、すべて使っていたんですよね。
それを思うとよくここまできたもんだ。

久々の大物捨てに気持がすっきり!
我が地区の燃えないゴミの日は2週間に一度。
このゴミ袋が部屋からなくなって、その分部屋が広くなる感覚を早く味わいたいです。


にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

子どものおもちゃを捨てる決心をする

子どもが生まれて痛感しているのは、
子どものモノは捨てづらいということ。

我が家の場合は頂き物が多いこと、
使用期間が短いため美品であること、
思い入れがあることが大きな理由だと思います。

子どものおもちゃは今使っているものをリビングに置き、
過去使っていたもの、これから使うであろうものは
将来の子ども部屋に置いてあります。

夫は「置く場所があるんだから、モノが増えても問題ないじゃん」という意見ですが、
私はもう使わないものをとりあえずとっておくことがあまり好きではありません。
とりあえずとっておくと、モノがモノを呼んでどんどん増えていってしまうから。

子ども部屋に入るたびに増えていくおもちゃを整理したいと思っていたので、
今回思い切って作業することにしました。

新生児用のガラガラや、あまり興味を持たれなかったお人形。
思い出もあるから目の前にすると捨てることにはどうしても躊躇してしまう。

特に私の母が生まれる前に手作りしてくれた動物の腕輪や、
めったにおもちゃを買ってくれなかった私の父が息子に買ってくれたゼンマイ式のおもちゃ。
もう使わないけれど、なんだか心が痛む。

でも、手放さないと先にもやもやを持ち越すだけ。
夫は手放すことに積極的ではないから、
子どもが小さいうちは私が進んで選別をしないと。

夫にも一つ一つ見てもらって、今使っていないものは八割ほど処分することにしました。
決心が揺らがないようにもう、燃えないゴミ袋に速攻投げ込む。
45リットルの袋が七割ほど埋まりました。

決心するまでは躊躇したけれど、ゴミ袋に入れたら肩の荷が下りるのを感じました。
あぁ、やっぱり私にとってはストレスになっていたんだ。

私が整理したのを見ていた夫が、
「まだ綺麗だけれど、もうサイズアウトしてしまいっぱなしだった息子の靴も捨てないとね」と言ってくれました。
なんだかその言葉がとてもうれしかったです。


にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。