子どものおもちゃを捨てる決心をする

子どもが生まれて痛感しているのは、
子どものモノは捨てづらいということ。

我が家の場合は頂き物が多いこと、
使用期間が短いため美品であること、
思い入れがあることが大きな理由だと思います。

子どものおもちゃは今使っているものをリビングに置き、
過去使っていたもの、これから使うであろうものは
将来の子ども部屋に置いてあります。

夫は「置く場所があるんだから、モノが増えても問題ないじゃん」という意見ですが、
私はもう使わないものをとりあえずとっておくことがあまり好きではありません。
とりあえずとっておくと、モノがモノを呼んでどんどん増えていってしまうから。

子ども部屋に入るたびに増えていくおもちゃを整理したいと思っていたので、
今回思い切って作業することにしました。

新生児用のガラガラや、あまり興味を持たれなかったお人形。
思い出もあるから目の前にすると捨てることにはどうしても躊躇してしまう。

特に私の母が生まれる前に手作りしてくれた動物の腕輪や、
めったにおもちゃを買ってくれなかった私の父が息子に買ってくれたゼンマイ式のおもちゃ。
もう使わないけれど、なんだか心が痛む。

でも、手放さないと先にもやもやを持ち越すだけ。
夫は手放すことに積極的ではないから、
子どもが小さいうちは私が進んで選別をしないと。

夫にも一つ一つ見てもらって、今使っていないものは八割ほど処分することにしました。
決心が揺らがないようにもう、燃えないゴミ袋に速攻投げ込む。
45リットルの袋が七割ほど埋まりました。

決心するまでは躊躇したけれど、ゴミ袋に入れたら肩の荷が下りるのを感じました。
あぁ、やっぱり私にとってはストレスになっていたんだ。

私が整理したのを見ていた夫が、
「まだ綺麗だけれど、もうサイズアウトしてしまいっぱなしだった息子の靴も捨てないとね」と言ってくれました。
なんだかその言葉がとてもうれしかったです。


にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

Comment

こんばんは。

ご両親からいただいたものを処分するのに心が痛む、その気持ちで充分なのかもしれませんよ。
我家では、靴に関してはファーストシューズだけはきれいに洗ってとってあります。もう社会人ですけど(笑)
  • 2016/06/26 22:27
  • pupu
  • URL
pupuさま
こんにちは!自分が差し上げた立場なら、捨てて良いよ~って思うのですが逆だと難しいですよね。

うちも母が、私が赤ちゃんの頃使っていたスタイと洋服を何点かとってあり、以前実家に遊びに行ったときに息子に着せていました(笑)
人によってそれぞれ、思い入れがあるんでしょうね。
  • 2016/06/27 12:50
  • りよ
  • URL
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。