安眠ガイドで生活サイクルの見直し

20140404-001
息子の生活サイクルを見直しています。
いままで平日仕事から19時台に夫が帰ってこられたときは
息子のお風呂をお願いしていました。
しかしそうなりますと・・・

~19:30 私たちの夕食
20:00 夫と息子お風呂、その後私
21:00 就寝前のミルク(夫担当)、洗濯や片付け(私担当)
21:30 みんなで就寝

なるべく早く寝ようと行動するものの、この時間ができる精一杯。
夫と私は21時台の就寝なので問題ありませんが
息子についてはさらにもう少し早く寝かせたかったのです。

また、金曜日などはなんとなくのんびりしてしまい
お風呂が遅れるに伴い就寝時間も後ろにずれ、
結局寝るのが23時なんてこともありこれは息子には良くないだろうと思っていました。

ついでにこのスケジュールですと、
夫と私が夜にホッと一息つける自由時間が全然ありません(苦笑)

そんなわけで生活サイクルを見直したいと思っていたところ
たまたまこちらの安眠ガイドを見つけました。

運良く近くの図書館にあったので読んでみて
この本を参考に生活サイクルを変えてみたところ
息子も夜すぐに寝てくれ、私の自由時間も増えたので
これは使える!と実感し手元に置いておきたかったので購入しました。

内容は赤ちゃんの眠りに関する説明や寝かしつけについてですが、
私が一番ためになったのは生活サイクルの立て方でした。

本書では生活サイクルを安定させるため、
まず朝7時に赤ちゃんを起こすことからはじめるのをオススメしています。
また赤ちゃんに「朝」を認識してもらうために起きたときに顔を拭いてあげたり、
オムツを替えてあげたりする。
逆に寝る時間は「夜」とわかってもらうため部屋を暗くしたり静かにする。

考えれば当たり前のことなのですが
22時ころになっても明るい部屋に寝かせておいたり、
テレビをつけっぱなしにしていたり、
その環境じゃあ子どもは寝る時間だと思ってもらえないよねと
自分も身に覚えのあることをしていたので反省しました。
子どもを大人の生活サイクルに合わせてしまっていたのです。

そんなわけで見直した現在の夜のサイクルがこちらです。

17:00 私の夕食
18:00 軽く授乳
18:30 私と息子のお風呂
19:00 就寝前の授乳
19:30 息子就寝

夕方までに夕飯を準備して日が暮れる前に私はご飯を食べちゃいます。
今のところ息子はお腹がいっぱいになればすぐに寝てくれるので
(ぐずってもせいぜい30分)遅くても20時までには終わります。
息子が寝た後はお風呂掃除や洗濯、キッチンの片づけなど。
それが終わって大体21時くらいからは静かな自分の時間です!!
うーん、自分の時間があるって幸せ!!!

私の生活サイクルが今までと比べてものすごく変わりましたが
そのあたりはしょうがないですね。
自分もあまりに疲れている日には洗濯やら食器の洗いものが残っていますが
翌日に回して息子と一緒に寝ちゃいます。

夫が早くても遅くても、平日は私が寝かしつけまでやることで
なんとなく生活リズムがついてきました。
今のところうまくいっているのでしばらくはこの方法を続けたいです(^^)

赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド [ 清水悦子 ]




にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

Comment

No title
なるほど~。
夜はあっという間に時間がたってしまうから、休憩や自由時間確保は、取れたらラッキーくらいな感じですもんね。
masumiさま
本当、自由な時間はとれたらラッキーですよね。
おもいっきり9時間くらい寝てみたいです(^^)
  • 2014/04/07 16:00
  • りよ
  • URL
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。