子どもは欲しくないと思っていた私が子どもを生んで。

以前つぶやいたことがありましたが、
少し前まで私は絶対子どもを持ちたくないと考えていました。

子どもへの関心がそれほどなかったこと、
結婚したら子どもを持つのが当たり前という世間への嫌気、
自分の時間がなくなってしまうこと、
親になることへの自信のなさ、
・・・などなどの理由からでした。

そんな私が結婚し、年齢の問題もあると思いますが
自分の思いが少しずつ変わりその結果、
子どもを持つ機会を得られて今に至ります。

自分で子どもを持とうと決めたにも関わらず、
妊娠が判明したときは心から喜ぶことができませんでした。
これから私の人生は出産と育児に縛られるんだと落ち込みました。

こんな自分が親になってしまうなんて!
子どもを生み育てられるか、可愛いと思えるのか、
不安に思いながら産院の扉を開けたことが
つい数週間前のことのようにはっきりと覚えています。

あれから産後ひと月経過して。

心配していたとおり自分の時間がなくなりました。
授乳で体力を奪われ常に眠いです。
「さっさと寝てくれ!」とイライラすることもしばしば。

もし妊娠してなかったら、
今の時期は仕事が繁忙期で帰りが遅くなっているんだろうな。
休日は夫とインテリア雑貨を見に二人で出かけていたかもしれない・・・
深夜に授乳をしながら、ふとそんなことを考えることもあります。

しかし自分の時間がなくなったことを惜しむ一方で
息子がいてくれることで貴重な経験ができているのも事実です。



ぱっちりと開かれた瞳が澄んでいてすごく綺麗なこと

ほっぺたがマシュマロみたいにふわふわなこと

おっぱいを飲み終わった後に「プハァ」と言うのが
ビールを一気飲みした後のおじさんみたいなこと

おっぱいを飲み終わった後に虫のように
うねうねとうねらすこと

やさしい香りがすること


1日に数え切れないくらい何度も息子のことを
「かわいいなぁ」と思います。
何度同じ動作を見ても飽きません。
不安要素の一つであった「子どもを可愛いと思えるか」
については・・・心配無用でした(笑)

今までの人生で自分以外の人間に
これだけ懸命になったのは初めてです。
息子を見て湧いてくる感情は以前の私では
想像だにできなかった愛おしいと思えるものです。

これから表情が出てきて、ハイハイから立ち上がり、歩くようになって
どんどん成長していろいろな顔を見せてくれると思いますが、
何もできずに泣くか寝てばかりの今もすごく貴重な時と感じています。

おそらく数カ月、数年経ったとき
もう一度今の時期の息子に会いたいと思うんだろうなぁ
そう思うと日々のめんどくさい授乳(苦笑)も貴重なものに思えます。


子どもを持つことに不安を感じていたあの頃の自分に
何か言うことができるのであれば、
一概に子ども生んでよかった!orやめりゃよかった!!とも言えないや、
ということです。


妊娠前の懸念はすべて的中し、毎日「もうイヤだ!」と思いながら
育児をしていくことになるのでしょう(笑)
でもその時は想像できなかった貴重な体験を糧に
なんとか過ごしていく日々になりそうです。

お子さんがいる方々はそんな感じで日々過ごしているのかしら、
そう考えると自分もなんとか頑張らないとな~と思う今日この頃です。


にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

Comment

No title
ご出産、かわいい赤ちゃんの誕生おめでとうございます。
早いものでうちの娘ももう四歳。もうすぐ五歳ですが、不思議なことに私にはまだまだ赤ちゃんに見えます。でも、今思うのは授乳のときや赤ちゃんのときのビデオや写真をもっと撮っておけば良かったな~ということでしょうか。子育ては大変ですがお互い頑張りましょ~
  • 2014/02/21 11:00
  • オカピ
  • URL
オカピさま
こめんとありがとうございます(^^)
写真は結構撮っているのですが、
動画はほとんどないんですよ。
本当赤ちゃん時代は一瞬ですからいまからでも撮ろうと思います。
オカピさまもお体にお気をつけつつ頑張ってくださいませ♪
  • 2014/02/23 14:12
  • りよ
  • URL
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。