深夜、急きょ産院へ

先日、「ヒィッッ( ̄□ ̄;)」と叫ぶ状況に陥り、
深夜に急きょ産院へ駆け込んできました。
今となっては笑い話にできるのですがその時は本当に驚きました。

血の描写もありますので苦手な方は本日はここまで!
23時過ぎ、のんびりと浴槽に浸かっていた時のことでした。
ふとお腹のあたりに目を向けた時、身体が固まりました。
お湯の中で一瞬血が揺らめいているように見えたんです。

「??!」
驚いて浴槽から出ると・・・床に血が滴り落ちました。


血?!


どこから出血しているんだろう?
あわてて血の出どころを探すと、血は足の内側を伝って流れていました。
まさか・・・股?

あわてて夫を呼び、トイレットペーパーを持ってきてもらいました。
ペーパーを股に充てると、くっきり鮮血が・・・。

けれども股のどこから出血しているかがわかりません。
子宮口から出ているのか、はたまた別の場所からなのか。

自分ではわからないと思ったときに
夫から素人判断は危険だから病院に行こうと提案され0時過ぎに産院に電話しました。

電話の最中、お腹の子どもの動きを感じることができなかったので、
努めて落ち着くように意識していましたが
必死に身体の震えをこらえている自分がいました。
出血以外にお腹の張り、痛み等異常はないことを伝えると、
念のため今から来てくださいと言われたので二人で準備をはじめました。

こんなことになるのなら入院準備をきちんとしておけばよかった、
トホホと後悔しつつ目に入った服とコートをはおり、
ポーチやタオルを乱暴にかばんに詰め込み助手席に乗り込みました。

病院に着くまでずっとお腹に手を当てていると、
途中ポコポコと子どもの動きを感じられたので
「よかった、とりあえず生きてる・・・」と少し安心したものの、
この段階で出血の原因がわからなかったので緊張は解けませんでした。

30分ほどで産院に到着すると、お腹の張りと子どもの心音を確認するため
ノンストレステストを行うことになりました。
ここではっきり子どもの心音が確認でき、助産師さんから
「赤ちゃんとっても元気ですよ~」と言ってもらえたので
夫も私もだいぶ安心できました。

その後、医師による内診へ。
出血の原因を調べるとのことなので「もし異常があったらどうしよう・・・!」
と不安な思いで内診台に乗せた足が小刻みに震えているのがわかりました。

そして結果・・・

子宮口の近くにある1ミリ程度の発疹がつぶれたのが出血の原因でした。
妊娠とは関係ないもので、発疹も異常なものでない。
理由を聞いた時ガクリときましたが、よかった、本当によかった。

ただ、ノンストレステストにより思いがけずお腹が張り気味だとわかったので、
張り止めをいただいて帰ることになりました。

ひとまず異常がなくてよかったよ、できものがつぶれて出血して
あわてて深夜に病院なんてあとで笑い話にできそうだね、アハハ・・・
夫婦ともどもホッとしながら帰途に着きました。


今回は異常がなくて本当に良かったですが、
お腹の張りは気になるところなので
積極的な外出はなるべく控えようと思ったのでした。

夫が家にいる時間でよかった、
車があってよかった、
夫がお酒を飲んでいなくてよかった。
今回は運が良かったと思います。

それにしても動揺して、震えが来るなんてはじめてのことで驚きました。

自分の身体で起こっていたことですが、
まず自分ではなく子どもに何かあったらどうしようという焦りだったことを
考えるとまだ見たこともない子どもでも、
すでに自分にとっては大切な存在で、
自分の意識も変わってきているのかなと感じた出来事でした。

とにかくあとひと月、無事に過ごせますように。

にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

Comment

良かった
ドキドキしながら読みました。
さぞかし驚かれたことと思います。
私も自分だったら・・・
旦那さんが家にいるときで本当に良かったです。
不安なときは真夜中だろうが遠慮せずに病院に電話してくださいね。
(看護師じゃないけど病院勤務です)
大事に大事にしてくださいね。
  • 2013/12/22 21:48
  • pupu
  • URL
pupuさま
こんばんは!
今回は驚きました~(><)
何かあったら病院へ電話!と思うものの、
いざその状況になったら躊躇しちゃう自分もいたのですが、
不安があったらすぐに連絡ですね!

ありがとうございました。
  • 2013/12/23 22:07
  • りよ
  • URL
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。