今更ながら重層とクエン酸のコラボに感動

掃除好きな私。最近はまっている掃除場所は、お風呂場です。
お風呂場掃除、あなたのおうちはどうされていますか?

実は我が家にはお風呂掃除用洗剤がありません。
最後にお風呂に入った人がボディソープをスポンジにつけてざっと磨き、
タオルでお風呂場内の水滴をざっと取るのが我が家のお風呂場掃除です。
私が掃除をするときは排水溝も洗ってぬめりをとります。
この家に越してきてから3年間、こんなお掃除スタイルでした。

掃除が好きな私ですが、正直お風呂場って掃除をしてもわかりづらいこともあって
熱が入りづらい場所でした。
しかしある日、夫に「風呂場の床が茶色くなってきたね」と言われ・・・。
よーーく見ると、あ!確かに!!タイルが全体的に茶ばんでいました。
一気に汚れが付けば気づけたのかもしれませんが、徐々に色が変わってきたので全く気づけず。

いつものボディーソープ掃除でも、メラミンスポンジでこすっても全く落ちません。
毎日掃除をしていても完全に汚れは取りきることは難しくて、
それが積もって数年単位になるとこうして色が変わって落ちづらくなるのですね。

綺麗にする方法を調べてみると、どうやら重層とクエン酸をミックスさせると効果があるらしい。
時間をみつけてちょこちょこ手を付け、床全体に重層クエン酸パックを
2回ほど試してみて9割ほど汚れが落とせた感じです。
あぁ、白いタイルが戻ってきた!やっぱりきれいで気持ちが良い(涙)
完全には落としきれなかったので、また何度か挑戦するつもりです。

それにしても重層とクエン酸ってすごいですね。
今まではアルカリ性と酸性を合わせたら中和されて中性になるだけでしょ、
それってそんなに効果があるの?と懐疑的だったため、
単体で使うことは多かったものの合わせて使ったことはなかったんです。
でも今回、汚れ落ちのすごさに感動しました。

そうして、床が一通り終わると、一気に別の場所も気になってきます。
壁も指でなぞってみると何となくザラッとしているじゃない。
ここは以前にクエン酸パックをしてみたものの改善しなかった場所。
期待を込めて水を溶いて作った重層クレンザーを塗り、
クエン酸を吹き付けてシュワシュワと炭酸ガスを発生させ1時間ほど放置。
その後スポンジでこすりながらシャワーで流すと・・・。
あ!落ちてる!!!感動!!!
完全ではないけれど床と同じで9割がた汚れが落ちています。

汚れが落ちると楽しくなってきて、浴槽や天井、ドアもやってみたいと欲望が。
そんな感じでしばらくお風呂掃除に夢中になりそうです。

家族が笑顔になるおそうじの魔法 [ よしママ ]

人気ブロガーよしママさんの著書。
私の好きな入江久絵さんイラストを描かれているので、手に取ってみたら参考になる方法がたくさん。
洗濯用せっけんでお風呂場掃除は自分では思いつきませんっ。


にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

掃除で休日が終わってしまう

8月はお盆休みなどを利用して5連休いただきましたが、
そのうち3日は夫実家に帰省。2日を家で過ごしました。
つまり、2日はいつもの週末と同じ。

週末、どのように過ごされていますか?
私は掃除で終わってしまいます・・・。

マストであるトイレと玄関掃除をして、余裕があればほかに手を付ける
感じではあるのですが最近はフローリングの雑巾がけやら、
お風呂掃除などやりたい場所が増えてきました。

なので本当、食事以外は掃除をしている状況・・・。
確かに掃除、ストレス解消にもなるしすっきりできるし良いのですが
休みのすべての時間を掃除に充てるのに少々疲れてきました。
でも、まだやり足りないところがたくさん!
リビングなんて1週間掃除機かけられていないし。
掃除機なんて基本的なことができないのに、
どうして掃除が終わらないのかしら?

容量が悪いんだろうか?
それとも掃除にはまりすぎて細かいところばかり磨いているのかしら?

自分で週末ルーティンを増やして自分の首を絞めている感じです(汗)
大好きなことだけれどちょっとうつらい。
つらいってことはこの状況、間違っているんだ。
今、30代ならできるけれどこれを60代まで続けられる自信はない。

何とか改善しなければ!と思いつつ週末になるとまた雑巾に手を伸ばしてしまう私なのです。


にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

最近やっと気づいたけれどお片付けが好きなのです

今更ですけれど。

断捨離の勢い、すごいですよね。
お片付け、整理整頓ブームですよね。
関連本もたくさん出版されて、この分野が大好きな私はウハウハです。
本屋に通って毎週立ち読みしています(買わんかい)

思い返せば、子どものときから「片付いた部屋」が大好きでした。
おやつと片付いた部屋、どっちを取るかと聞かれたら
迷わず片付いた部屋を選択するくらいの子どもでした。

学校に行くとき、「行ってきます」の代わりに言っていたのは、
「家を広くしておいてね。」
ここでの「広く」は片づけておいてね、という意味です。

「おうち、きれいになっているかな」とワクワクしながら帰宅して、
期待どおりの片付いたおうちだったときは狂喜乱舞です。
このパターン、本当にごく稀でしたが。

大体は散らかったパターン。
このときは悲しくて本気で泣いていました。
泣くくらいなら自分で片づけろよと、当時の私に突っ込みたいところですが。

小学校高学年になったころには、机の上のモノ、引き出しの中身を全部出して
雑巾がけをするお祭りが頻繁に催されました。
きれいになった机を見て、「あぁきれい」とうっとり。
そんな青春時代を過ごしました。

社会人になってからはさすがに部屋が汚くて泣くことはなくなりましたが、
週末はどんなに忙しくても掃除機はかける、モノを元に戻すなどはしていました。

平日はいくら散らかっていても気にならないのですが、週末になると散らかっているものが
目についてしょうがない。
部屋が散らかりっぱなしだと、自分の心も整理されずに散らかっているように感じてしまい、
放置しておくことができなかったのです。

そんなとき、断捨離ブーム、お片付けブームで関連本を読み、気づいたんです。
目からうろこが落ちたようでした。私が無意識にやっていたことが具体的な文章
になっている、そうかこういうことなのかと。
私は片付けや掃除が好きなんだと。

さらに最近はやりのミニマリスト。
少ないもので暮らしている人がいることを知って、自分も少しモノを捨ててみたら心が軽くなって小躍りしたり。
ガラーンとなった部屋を見て、「ステキ・・・」と惚れ惚れしたり。
地味な大人の遊びを楽しんでおります。

今は子どものモノが増えてちょっとイライラしている部分もあるのですが、
それらを整理してまた部屋が広くなったらと考えると、ニヤつきます。

ゴールは難しいだろうけれど、そこに向かって一生こつこつ片付けをするのかなと
思うとそれはそれで楽しいと思っている今日この頃なのです。

すごく有名だけれどやっぱり、ブームの先駆けとなった
ゆるりまいさんの本はおもしろいですね。

わたしのウチには、なんにもない。 [ ゆるりまい ]




にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。